学校長挨拶

 本校は県の北東端に位置し、北は丹波山村、西は甲州市、南は大月市と上野原市、東は東京都奥多摩町に接しています。周囲は大菩薩峠をはじめとする険しい山々に囲まれ、多摩川の源流域に位置する自然豊かなところです。

 学校は明治7年に創立し、地域の歴史とともに多くの卒業生を輩出しています。村民は、教育に熱心で「子どもは村の宝」と考え、学校教育に期待と信頼を寄せています。また、人情に厚く、村を愛し、誇りをもって、村の活性化に、全村民が力を合わせて取り組んでいます。

 村の過疎化と高齢化、さらには産業の変化に伴い、児童数も減り続けていましたが、小規模校の特色ある教育活動、また、自然体験活動等を求めて、移住の希望があり、ここ数年、児童数が少しずつ増えています。

 小菅村立小菅小学校では、

こ  心豊かな子ども
す  進んで学習する子ども
げ  元気でたくましい子ども

の学校教育目標を掲げ、地域に根ざした教育活動を全職員で進めてきています。このホームページを通して、本校の様子をお知らせいたしますので、ご意見等をいただければありがたいです。

小菅村立小菅小学校 校長