TOP » 全国学校給食週間①

全国学校給食週間①

  

1月24日から30日は、全国学校給食週間でした。

日本では明治22年に学校給食が始まりましたが、戦後は食糧難で栄養不足の状態が続きました。
学校給食の再開にあたり、アメリカのLARAから昭和21年12月24日に給食用物資の贈呈式が行われました。
この日を、学校給食感謝の日と定め、
冬季休業と重ならない1月24日から30日が「全国学校給食週間」と定められました。

小菅中学校ではその取組みとして、1月22日に給食集会を行い、
24日から30日の給食で普段とは違う献立を取り入れました。

給食集会は、「日本の食をもっと知ろう!」をテーマに郷土料理や行事食などについてクイズラリー形式でチーム対抗戦を行いました。

1つ目のコーナーは、行事食に関するクイズが用意されました。
日本の年中行事に食べる行事食を答えるクイズや、行事食についての豆知識クイズがありました。

2つ目のコーナーは、郷土料理コーナーでした。
それぞれの都道府県に当てはまる郷土料理を選ぶクイズと、
宮崎県の郷土料理「冷や汁」を作るのに必要な材料を選ぶクイズがありました。

3つ目のコーナーは、B級グルメと日本の銘菓コーナーでした。
B級グルメとその名前、ゆるキャラを選ぶクイズと、日本の銘菓を食べてその名前を答えるクイズがありました。

クイズを通して楽しみながら食について学ぶことができました。
行事食や郷土料理を知ることで、日本の歴史や風土についての学びを深めることができます。
また、郷土料理やB級グルメ、銘菓についての知識があると将来旅行をするときにも役立ちますね。

全国学校給食週間①へ1件のフィードバックがあります。

  1. 楽しそうな内容ですね! 旅先での郷土料理は旅行の楽しみのひとつですから一生勉強できますね。

nikoniko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です