TOP » ハロウィン給食

ハロウィン給食

  

今日10月30日は、1日早いハロウィン給食でした。

ハロウィンは、もともとヨーロッパで秋の収穫を祝い、悪霊を追い払うためのイベントとして始まったそうです。今では日本でもメジャーなイベントとなり、仮装をしたりパーティーをしたりして楽しみます。

今日の給食は、ハロウィンには欠かせないかぼちゃを使っていないながらもハロウィンの雰囲気を出すことができました。「おばけパン」は、ここ数年ハロウィン給食には欠かせない献立になっています。パン屋さんが一つ一つパンをおばけの形に成型してくれています。また、「不思議なポテトサラダ」は、小菅村産のじゃが芋を2種類使いました。紫色がシャドークイーン、ピンク色がノーザンルビーです。

生徒たちもハロウィンを美味しく味わいながら楽しんでくれました。

〈献立〉おばけパン・牛乳・とろとろ玉ねぎスープ・白身魚のパン粉焼き
    
不思議なポテトサラダ・ハロウィンゼリー

ハロウィン給食へ1件のフィードバックがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です